アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

ネタ覚書)サイレン

サイレン

アゲハはロリでした…
の巻

アゲハとマリー
の未来の話
新聞無くなった後も少しは
世界が存続していたという設定

アゲハ、雨宮、ヒリューは
三者三様それぞれワイズに対する組織を作った

そこまでと
アゲハの死
その後のネメシスQ
至るまで

ネメシスQ

アゲハの死後
カイル、フレデリカ、マリー
により完成したシステム
自分達の希望となった人間にPSYの力を与えるために過去から連れて来る
後にワイズとなる者たち(祭、朧等)からその秘密を守る(アゲハが未来に来たことでPSYを身に付けることを話させない)ため誰かに話そうとするものを灰にする

アゲハ

メルゼズドアの応用による守りによるアドバンテージを
PSYの一般人への訓練、研究(主に能力のプログラムと他者の脳への転送、能力の共有)に力をおいた結果
他の二人よりも強固な組織を作り上げる
それ故、ワイズに最も敵視された存在
予言通り星空の如く多くの星が集まり生まれた
アゲハの死の際には
ワイズの精鋭を含む兵隊200名程が死亡
そのため、過去から来るアゲハ達は過去に比べ研究され精練されたPSY使いを相手にしない分だけ安全になっている
また、そのためにアゲハはマリーを残し、自分を囮にする形でワイズ数百名と共に死んでいった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noranekoblogpc.blog50.fc2.com/tb.php/50-bfb9ec80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。