アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

ログホライズン最終回を見た感想、その他

ログホライズンを見て

web版と随分変わっていたけれど
だからこそ力を感じた。

強い強い力と覚悟を。

社会というのと世界というのでは感じは違う。
シロエの言葉は作者の言葉だったのだと思う。

シロエはちゃんと見返りは得ている。
でも、みのりにはそう見えてはいない。
それは、自分の力不足だ、と。
だからみのりが頑張る分、自分も頑張って世界を守るよ、と。

話は変わるが俺はこの世界に純粋なオリジナルのキャラクターは存在しないと思っている。
どこかの誰か描いた、謳った誰かを模して生まれてきた存在しか存在していないと思っている。
アレイスターでいうところの外の世界から招いたであり、ストライクブラッドでいうところのペーパーノイズなのだと思っている。

そして、シロエたちは。
多分現実に生きている人間の魂から生まれてきた。
そう彼らに還る場所など存在しない。
でも彼らは還ることができる。
ジンの言ったものを手に入れることが出来れば。

それがログホライズンのラストの世界を変えるということなのだと思う。

彼らは力を手に入れる、それは不死身であることでもなければ強靭な体でもない。
その力を手にした彼らは現実へと帰還する。
ログホライズンを見た誰かの魂へと帰還する。
その誰かは町を復興するだろう。日本をゴージャスにするだろう。
そんなことよりも何よりも誰にも見つけられない濡羽をみつけるだろう。
それがこのラストを描いた奴の世界を変えるということなのだと思う。

そしてそれはまた別の形で別の世界に呼ばれるであろうシロエの魂を変えるだろう。
世界とは現実から自分の内に取り込み作られる。
でもその世界は自分から作られる。
世界から借りた力は世界へと返さねばならない。
でもそれはまた自分へと帰ってくる。
それが瞬動術の極意なのだと思う。
誰よりも速い奴、強い奴の持つもの。

だから俺も少し返そうと思う。
最近の黒子のバスケを見て思った。
まるで一護と白一護を見ているみたいだ、と。
多分黒子のバスケの作者は黒子を勝たせるために力を使った。
洛山を勝たせようとしていた奴を押さえつけて。
でも、そいつはまだ力を使い続けている、黛達に。
きっとそいつには分かるのだろう。
勝たせるだけでは救えないことが。
作者よりも近くで黒子達を見てきたから。
誰よりも近くで作者を見てきたから。
だから、たとえ踏みにじられようと力を使い続ける。
きっとこのままでは斬月は折れてしまう。
二人の斬月を認めない限り。
そう思う。

俺のパスはパスじゃないらしい。
学校最速陸上部より早い俺が本気で走って指先がぎりぎり届くパスなんてパスじゃないだろ、と言われたことがある。
そのころはお前ならとれるじゃん、と言ってた気がする。
でもいつしか俺はパスを出さなくなった。
誰もいてくれない場所にパスをだすことに疲れたから。

けど今は出せる気がする。
誰もいないはずのところに投げたはずのボールをだれかに届けてくれる奴がいるみたいだから。
このパスを受け取るもスルーするも自由。
でも失望だけはさせてくれるな。
そう思う。

俺は白一護は見ていられない。
だからそれは黒子のバスケにとっての王悦に任せる。

どこかの誰かはいった
一歩を誤れば命を失うと。
でも、俺は思う。
お前が誤らせたりはしないだろ、と。
だから一歩を踏み出せる、と。
この一歩は俺の内側のすべてが許した一歩。

だから後はこれを見たやつに任せる。
そいつの中にいる現在過去未来全ての英雄たちに。
そいつを作り出した世界そのものに。

黒子や八幡をマギのようにしないでくれ。
彼らは頭悪そうに涎を垂らして、そんな罪悪感のみの世界を許さないでほしい。
彼らは本当に嫌なら抵抗する、ミルクカラードのように。
その罪悪感は彼らに失礼なのだ、と。
それは彼らを大地人と、感情なんてないんだと言っていることなのだと。
感情無き者の言葉が誰かに届くのか?
世界を変えられるのか?
そして、ただのノンプレイヤーキャラのために本気を出せるのか?
そこに魂を見た時に本当の力が発揮されるのだと思う。

それが
俺のバスケはここでおわり
なんてセリフを使った奴に報いる唯一の方法なのだと思う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noranekoblogpc.blog50.fc2.com/tb.php/168-3085e980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。