アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

またも文字数オーバー、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話がらみで書いたコメント

http://haruhiism.blogism.jp/archives/52344601.html
にコメント書いたけど

文字数オーバーで途中できったのでこっちにも。



>わかってやっているよな、この人

みんなわかってます。
葉山も先生もめぐり先輩も、副委員長派ならぬヒキガヤ派も、もちろん陽乃も。
八幡のメーターが完全に振り切れていることぐらい皆知っていた、だから皆いたんだと思います。
葉山は周りを警戒しどこかのバカが爆弾に火つけないようにし別の話題で何とかガス抜きしようとした。
会長はどこか落ち着かない様子で速く終わらせるようにした。
もう完全に手遅れなことを知っている連中は静かにしている、欠伸までして、なるようにしかならない、と傍観決め込んだ。
それがあの状況だったのだと思います。
雪乃が学校を休んだ、そのことで八幡が完全にきれていることに周りは気づいて何とか穏便に済まそうとしている(相模を助けてやろうとしている)のに気づかないバカは自分から火にガソリンをこれでもかと注ぎこんだ。
だから陽乃は大笑いだったのだと思います。
怒らせてはいけない、本気を出させてはいけない相手に自分から喧嘩売ったバカがいるってことで。
でも相模もかわいそうではあるんです。
今回、八幡が本当にしたかったことに利用されただけですから。
自分を追いかけてくる雪乃に、圧倒的なまで差を見せつけもう自分の後ろをついてくるのをやめさせる。
八幡が自分の本気の力を雪乃に見せつけるためだけに相模はぶった切られたわけですから。
八幡が本当に許せないのは相模のことよりも夏休みに本気を見せてしまったことでしょうから。
バカのやるやり方を見せてしまったこと。
正しいやり方じゃないことは八幡が一番よく知っている。だから雪乃にはもっと利口なやり方をしてほしい。
自分みたいなバカのやり方なんてまねしなくていい。と。
それを伝えるために斬られたのが相模なのだと思います。
みんな(顔のない誰か)はひとり(雪乃)のために…。
ヒッキーはいつだってゆきのんのこと見てる、ヒッキーが一番大事に思っているのはゆきのん。
それがゆいが本当に伝えたかった、雪乃が聞きたくなかったことなのだと思います。
雪野のシーンはヒッキー視点なのでヒッキーの表情はわかりませんがもしかしたら部室でも委員会でも雪乃を見ているときは、また明日な、と同じ優しい顔で見てたりするのかなと思いました。一話で雪乃に友達が出来たときのように。



ここまで書いていてやはり思うところは
ヒッキーとゆきのんは小学生からの知り合いじゃないのかと思う。
かつて雪乃が、憧れを通り過ぎて呆れるを通り過ぎて、尊敬をすっとばして軽蔑した少年なんじゃないか、と。
そして一周してまた憧れた相手。

黒子ではその圧倒的な差に心の折れてしまった人を描いていたけれど
きっとそれは自分の同じ高さしか見ていなかったからのだと思う。
高い場所を追いつけない背中を見ている連中はきっと違う。
だって追いつきたい思いながらも、追いつけないことを望んでいるから。
自分が憧れた、それは正しかったのだと、理想には理想のままでいて欲しいと望む。
手に入れたいと思いながら、手に入らないその輝きが嬉しい。
きっと雪乃もそうだったのではないかと思う。
紙で隠した裏で泣きながら笑っていたのではないかと。

どうしてこんなにも遠いのだろう。
どうして、追いつけるなんて思ったのだろう。
すぐ追いつけるようなそんな相手に憧れたわけじゃないのに。

そう思いながら自分の愚かさに笑えて泣けた。
そして、最後には

無理したって追いつけない、少しづつ近づくしかない。

と吹っ切れた。
そう思う。

だから思う。
追いつけないものを見せて欲しい、と。
憧れるに足るものを。
前々回?の王悦の俺が打ち直す。
俺の刀も作って欲しいと思った。
始祖って言葉を使ってきたときから感じている。
ブリーチって刀はいい刀になると。
この予感が正しかったと思わせて欲しい。
ガンマのときのように期待を裏切らないで欲しいと。
もう随分前から現実に刀を求めなくなった。
もう漫画やアニメや、歌の中にしかそれはない。
だからこそ魅せて欲しい、そう思った。

最高に追いつけない背中を。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noranekoblogpc.blog50.fc2.com/tb.php/153-c0f8b98f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。