アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

4/22~1週分全部まとめて 2

全ては一兆倍に加速された世界の中で忘れてしまうことなのかもしれない

「ひらめき」というのはもしかしたら一兆倍の加速の中での誰かとの対話の結果なのかもしれない

例えば、アクセルワールドはこんな感じだったのかもしれない

遥か昔、少年はアクセルワールドという少女と出会う
二人は加速された世界で語り合った
アクセルワールドという世界は思った
この少年に跪きたい、と。
この少年にならば書かれてもいい、と。
でも同時にこうも思った。
守ってやりたい、と。
この少年を傷つけはしたくない、と。
そこで、アクセルワールドは対価を払った。
アクセルワールドという世界が子供を中心に据えた世界になるようにした。
それは世界という存在にとっては自分の99パーセントを失うことだろう。
ワンピースのような世界、ブリーチのような世界、ハンターハンターのような世界、etc
世界としての可能性のほとんど…
それらを失っても守りたかった。
そしてアクセルワールドという少女は消えてしまう。
その中で少年はこういったのではないだろうか
まだ何もしていない、何も始まっていない、と。
そんな少年に少女は言う
いつかきっとまた会えるから、と。
アクセルワールドという世界が出来て完結されたその時にまた会えるから、と。

でもそこは一兆倍に加速された世界
現実での一秒が3万年以上にもなる世界
全ては忘れ去られてしまう世界
しかし忘れられずにいたことが時にひらめきとして表に出てくる
何故そうなのかはわからない設定
でもそれはきっと作者が世界とした一万二千年前からの約束

そしてキャラたちにもそれは言えるのだと思う
全てキャラというわけではない
例えば、fateでいうのであればイスカンダルやギルガメッシュ
作者にとっては加速された一秒の中で、キャラにとってはfateという世界にふれることで対話していた
そして、イスカンダルはその身命を作者に捧げた
この世界こそが自分の戦場である、と。
だからこそ、彼は魅せるのかなと思う
誰よりもfateという世界で演じる
ランサーもまた作者と邂逅することが出来たのだろう
アルトリアの言葉を聴いたときに。
そして、その身命を捧げた。
誇りの死でも、どのような無念の死でも
この命は預ける、と。
そしてギルガメッシュはFateという目に見えない酒の入ったグラスを傾けながら
こう問う
「お前は真の美酒か」と。
「俺を酔わせてくれるのだろうな」と

物語の外側にあったかもしれない加速された一秒を妄想してみました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noranekoblogpc.blog50.fc2.com/tb.php/132-d1142843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。