アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

4/1~1週分全部まとめて

ジャンプ

バクマン

残り八週。
いいんでない。
この漫画自体の終わりもそれにあわせることができるのなら。
もしそのつもりの八週宣言なら賛成する。
だらだらと続けても意味がない。
もしそれが本心であるのなら、先週のは撤回しようと思う。



マガジン

エアギア

特に書くことなし。
先週かいたままが感想。
あえて書くなら
イッキはまだわかっていないらしい
これはもう「勝負」でも「試合」でもない。
未来を賭けた喰いあいだ。
ATが壊れても、肉体が死んでも、それでも決着はつかない喰いあい。
今のスピリットファイアを見ればわかるはずだ。
相手を完全に潰さなければ決着はつかない。
空へと続く者たちを永遠に殺し続けて初めて空という存在との決着になる
そのことが分かっていない。
王同士の戦い。
それは戦うをことを決めたならば互いの全てを潰しあうことになる
それが分かっていない


って書きすぎた


アクエリオンevol

ここにきてアルジュナをもってきた
墓穴特訓。
それで得られるものについては多くは書かない
そんなことは知っていてこその王だから。
今俺が書きたいのは王達の生き様。
これからがアクエリオンという王の戦場なのだろう


ルパン

王たるルパンが見れそうな作品。
(王たる)俺と渡り合える得物はあるのか
と不二子に問うルパン
今後、不二子がその問いに答えることができるのか

ZETMAN

正義とは。
そのテーマよりEDの灰谷の登場シーンの歌詞が気になった
一番つらいことをしっているあいつ
灰谷はどうなるのか
人としての臨界を極めた王の一人なのか、違うのか
多分、ゴッドハンドに近くなるんだろう
この作品は、もう限界な人たちにみてもらいたい
よく既に限界まで頑張っていてこれ以上頑張れというなみたいなのを聞くけれど
本当にそこが限界なのだろうか
人としての臨界なのだろうか
エアギアで言っていた1%の人間
それはきっと人としての臨界を極めた結果なのだろうと思う
自分の限界じゃない
誰かの言う限界じゃない
人としての限界
それを極めた結果。
前に過剰労働とかって問題になったお医者さん
ドラマまで使ってもう無理なんですといっていたけれど
本当にそこは人としての限界かい?
といいたい。
その先にいる人間がいた時点でそこは限界じゃない
そこは単に自分の限界
自分で足を止めただけ
その程度なら勝手に逝け
これから先の人間にとっての悪い見本にしかならないのだから

とまぁあまりいじめるのはこの辺でやめておきますが…


Fate/Zero

これぞ王同士の戦い?

ギルガメッシュは
怪物を汚物と呼んだけれど
多分ジルドレイを汚物とは言わないだろう
彼が手を引いたのはそれが自分の対する相手ではないから。
ジルドレイは神に対し弓を引いた。
それはかつての自分と同じ。
ならばそれを邪魔立てする意味はない。
邪魔もしないし加勢もしない。
貴様の想いをぶつけてみせよ。
それがギルガメッシュなりのジルドレイへの手向けなのかなと思いました。
己の信じるものとぶつからぬのなら手出しはしない
でもイッキと空は違う
ぶつかり合う道。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noranekoblogpc.blog50.fc2.com/tb.php/128-e9e2debb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←良かったらポチッとして下さい。

この記事へのトラックバック
[Fate/Zero] ブログ村キーワード 大作 Fate/Zeroのセカンドシーズン であります。本作は『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)の物語。 ファンにとってはたまらない作品ではないでしょうか...
2012/04/09(月) 17:14:20 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。