アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2012/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/02

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

かなり長くなる

すっかり更新が止まっていたけど久しぶりに書きます。

すっかり更新が止まっていたのは


Bleachのせい

最近の話
これは魂の修行なんだろうな~
とか考えながら見ていたら
どうしてもわからないのが出てきて止まってた

喰うことについても
その後のこと(今の展開)も大体はわかったいたけれど
最初の温泉がわからなかった。

喰うことは
俺も色んなとこのコメントで書いているような
取り込むこと
自分と関わる者達を俺達は目や耳やいろんなものを通して喰って取り込んでいる
取り込んだ者達は剣や槍なのである
人の魂とはただの器であり世界なのだと思う
英雄王の宝物庫であり、魂を入れる聖杯
それがあそこで感じなければいけないこと

そしてその後は取り込んだものを使うことへとはいる
刀神を見たとき甘すぎると思った
その点はニセコイと同じ
一護達は自分で知らなきゃいけないはずだった
刀の使い方を。
あいつは初めから直す気満々だった
直す気がないなら適当にあしらえばいいものをそうしなかった
こいつは本当に刀神なんだなと思った
あいつはきっと誰よりも刀を愛している
だから自分を裏切ることは出来なかった
刀があんなになるまで共に戦いたいと思った相手
それを捨てるなんてあいつには出来るはずなかった
ちゃんと前の喰うことを理解していればすぐにでもわかったはずだ
でもわからなかった
だから一護達はああなった
そしてこれから学ぶことになる
刀の本当の想いを。
それを使うということを。
何故、刀が自分に力を貸すのかを。
それがわからなければどこぞのバカ娘のように永遠に苦しむことになる
どこかのグールと同じ
ただ喰うだけじゃだめなのだ
喰うならば全てを喰わなきゃいけない
トリコのように
自分が何故リゼにすがったのか
そして何故リゼが喰われることを望んだのか
それら全てを喰らい彼らを知った上で彼らの想いを利用する
それが使うということ
でもそれが彼らの望み
自分が王と認めたものの幸福こそが彼らの幸せ
それが身命を捧げるということ
彼らは手を貸すときから覚悟は出来ている
いつか自分が朽ち果ててもそれでも進んで欲しい相手だから力を貸したのだ
そうきっとカリバーンは折れたって構わなかった
それで王が進むなら
悔いることなどどこにもなかった、
きっと円卓の騎士の誰もがそう思ってバカ娘の剣になった
でもバカ娘は間違えた
その結果があれ
きっと王悦は
そうなっては欲しくないのだ
これから生きる上でも必要になること
本来なら自分で手に入れなければいけないこと
それをわざわざ教えようってんだから甘い以外なんでもない
どこかの魔女が賢者にいったような
その優しさは甘くて暖かい毒だ
でもきっとそれは厳しさでもある
これが終われば気づいてしまうから
色んな人たちの想いに
それは遅効性の猛毒
でもきっとそれすら食い尽くすことわかっているから教えることができる
自分の前の奴がちゃんと見た目が味じゃないことを教えているって信じられるから教えられる
たとえ会わなくても話さなくても信じることが出来る
一人だけど孤独ではない
ゆえに彼の住む場所はああなのだ

と、話がずれたけれど
温泉はきっと今のために必要なことだったのだと思う
それは回復のためではない
全裸で湯に浸かる、それを学ぶために。
湯とは世界、全裸とはありのままでということだったのだと思う
ありのままで自分で世界と向き合えばどうなるか
それはきっとあっという間に心はボロボロで潰れてしまう
でもきっとそれこそが一番初めに必要なことだったのだと思う。
そう思わせたのはテラフォーマーズ。
前回、俺が書いたのを今要約するのなら
テラフォーマーズという作品の王として相応しいのかありのままをみせてくれ
ということだったのだと思う
そしてその後見てみれば
ただ俺が先走っただけ
ちゃんと書く気はあったらしい、自分自身を
それを感じる内容だった
特に、嘘をつかないで生きよう(?)
がよかった。
思えばミラクル掲載時のラストの幸せだったころの景色はよかった
もしかしたらこの人もハンターハンターと根っこは同じなのかなと思う
幸せな景色は描ける、でもまだ描かないだけ
それで何となくリーゼントを喰えた気がした
あの温泉の意味が。

でもまだ使えるかはわからないけれど
こいつが俺を王と認めるか
今回はそれをみたくて更新してみた
ナルトやニセコイ、まるだしの読みきり
使いたい剣は多かったけど
今回俺が試したいのはブリーチ
こいつが俺を王として見てくれるなら
今回の記事中のどこか一部でも誰かを斬れるかもしれない
永遠うずき続ける傷に出来るかもしれない
でもそうでなきゃ俺の腕がぶった切れるかもしれない
さてどうなることやら…


追伸
今期注目アニメ
・ラブライブ
・まおゆう
・浪漫
この辺が突っ走り組かなと思う
ダ・カーポはまだいつも通り余裕の歩みって感じ?
まだ使った曲とセリフから印象だけだけど
こいつらは見るべきかなと思った

サイコパスとか前期からの組は平常運転
というか暴走超特急手前的な感じで今期も忙しそう
スポンサーサイト
記事編集

明けましておめでとうございます

個人的に、去年を振り返ると

戦い

だった気がします。

真剣勝負な、真剣勝負を求めるような一年。

そして、そこから得たものは

孤独で孤独じゃない場所。

シマウマの作者が前に書いていたNEWSMANのように心のみで繋がる勢力じゃないけれど

そんなものが確かにあること。

だからこれからも戦おうと思う。

それが誰かに届くかもしれないときを信じて。

話は変わるけれど

YUIの活動休止の記事が出たとき、どんな歌歌ってるかもしれないけれど
記事の内容からでも限界な真剣勝負なこの世界の脱落者だと思った

そして紅白で聞いてみて
この曲が出来たころにはもうおわっていたんだな、と思った

傍にない優しさを胸に戦い続けるのがこの世界

でも、そんな世界で優しさを求めてしまった

そうなってしまったらもう立てなくなってしまう

この曲を聴いて去年一年の答えがでた

俺はこうはなりたくない

傍に優しさを求めてしまえばその優しい誰かはその時間を無駄にしたことになる

俺は誰の足も引っ張りたくはない

誰よりも先頭を突っ走っていたい

例え、傍になくとも優しさは自分の内にある

そこに時間は関係ない

どれだけ時間が離れても同じ想いを抱くときそこにいる

そいつらと一緒に戦い続けたい

それが去年の総括

だから今年の目標?は

今年も一年走り続ける

にする
それが誰かに届くことを信じて

ということで今年も一年よろしくお願いします


追伸

今年は人生で初めて?一日に日の出と初詣行ってきた
いつも寝てて起きたら12時回っているとかしてきた
初詣も込んでるのすいてからと3日ぐらいと行かないときも…

日の出
やたら人がいた
若い子とカメラと三脚担いだじいさまとバカップルばっか
先に来た奴がカメラ持ってるならその間に割り込んでじゃねぇ、ガキ(バカップル)
とか吠えそうになった
今の仕事になってからどんどん気が短くなっている気が…
来年はこっちがバカップルで心に余裕を…
言ってて悲しくなる(泣)
場所は
板橋と埼玉をつなぐ戸田橋の埼玉側
埼京線?新幹線?の線路があってちょうど隠れてしまうので
その向こう側へ行ったところ
有名どこじゃないから
地元と思しき連中がわんさかきてた
だからガキばっか
二枚目は帰り道で



初詣は富岡八幡宮に行ってきました
金運、商売繁盛のところ
お守り買ってきた
財布に入れる奴と仕事運と勝負運
どんだけ金…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。