アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2012/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/04

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

3/18~1週分全部まとめて

まずはエアギアから

ようやくイッキは王になれたのだと思う
誰も前から手を引いてはくれない
自分が先頭な時になった
ようやく空の立つ場所にやってきた
今までの戦いは聖杯問答だったのだろう
イッキの出した答えに対し王が答えるという
正しければ攻撃を受けてやり、誤りならば反撃する(殺さないように)
空はイッキを急いで王にしたかったのだと思う。
自分と人類のこの先を決めるための王として。
だから「答え合わせ」をしながら王であるということを教えてやった
「答え合わせ」をしながら勉強、これは早く進められる代わりに弊害がある
早く進められる代わりにその奥にあるものを置き去りにする
「答え合わせ」のない不安に対する耐性を失う
本来は「答え合わせ」は存在しない
空の歩いてきた道はそういう道
誰も答えを教えてくれない道
自分の答えで合っているのか、それに迷い続ける道
だからイッキには答え合わせをしてやった
そしてようやくイッキは王になった
誰も何も教えてくれない場所に来た
ここからが空とイッキの本当の戦いの始まり

ギルティクラウン

アポカプリプスウイルスとダアトの祈りは聞き届けられたらしい
きっと彼らは祈り続けていたのだ
「いい加減、終わりにさせてくれ」

「いつまでお前らは気づかないつもりだ」
と。
結晶生命への進化の意思はきっとずっと前から気づいていた。
人間は結晶生命にならずとも心の内にそれがあることを。
でも人間はそのことを忘れてしまった
エアギアで爺さんの言った言葉を理解できなかった連中と同じ
人間は自分では支えきれないほどの想いを背負っている
そんなことすら忘れてしまったバカ
自分が勝てることすら忘れてしまったバカと
負けることがわかっている彼らで戦っていた
ずっとずっと…。
彼らからしたらいい迷惑だったろう
負けることがわかっているのに何度も殺される
いい加減気づいて欲しくて彼らは「いのり」を用意した
自分の力に気づかない馬鹿に力を思い出させるために
彼らは人間にギルガメッシュやイスカンダルのようになって欲しかった
でも遥(ホリック)の様な方法、最低限だけを教え後は見守る、じゃ気づかないから
だから「答え合わせ」の機会を与えた
集は考えていたはずだ、気づいていたはずだ
世界の形を。
でも、その答えを知る機会はほとんどない
自分の答えであってるんだ、
自分の見たもの、感じたもの、それらは正しいんだ
とそう思える機会を与えるそれがアポカリプスウイルスが存在をかけた魔法だったのだろう
だから、集は目が見えなくても真実が見える
自分の感じたままを信じ、あるがまま生きることができる
世界を自分を通し自分の内側に取り込む
それはもう一つの結晶生命への進化の形
ピングドラムで残された二人と同じ
愛を教えてもらったから、答え合わせをさせてもらったからもう揺るがない
ちゃんと愛を探していける
集は王になった
自分の中にいるいのりや涯達と共に生きていく王に

そして現実での王
ハンターハンターはどうする気なのだろう
アバン先生に風助まで出してきて
どうなるかはわからないけれど
何となくあれは違う気がする
ネテロの息子という意味では
やはりジンとパリストンなのだろうと思う
そしてその二人を自由にしたチードルもまた同様
それとも今回は決意表明というところなのだろうか
ダイの大冒険や忍空をハンターハンターが率いていくという意味の
それら共に戦うという宣言か
今後に期待する限りである

そしてもう一つの宣言
ちぐはぐラバーズ
前回、グラールやキャメロットまで出す必要ない的なことを書いたが
どうやらあえて出してきたのかもしれない
自分の全てを使い戦うという意味で
全力で戦うことで礼儀とするのかもしれない
インノケンティウスと同じなのだろう
「弱者を痛めつくして滅ぼすのは強者のすることではない。一瞬でつぶし、上がれぬ程の力を見せつけてこその強者だ」
とそういうことなのだろう
今までの全てを使い全力でつぶす、それが礼儀だ。
という宣言が今回だったのだはないだろうか。


来週の注目は
エアギア
ラグランジュ最終回
ちぐはぐラバーズ
といったところか
それとクロガネがどうでるか
といったところだろうか
ハンターハンターという王の不在に名を上げられる者がいるのかいないのか
個人的には
ネウロ、アイシールド、ハッピーワールド
そろそろ復活してもいいんじゃねぇかと思う
充電はすんだろ
この三人には別に答えをもってこいとは言わない
多分それはまた十年後とかのはずだから
ただ王達の見送りには来るべきだろうと思う
ハンターハンターやエアギアやライジングインパクトやエアギア
ピングドラムやFate
が招かれた英霊達なら、
彼らを受け止めるべき次の英霊候補は
この三人だと思う
一度はギフトを手にした連中だからこそもう一度ギフトに触れれば使い方がわかるはずだ
その声に耳を傾けることができるはずだ
そう思うから彼らには復活して欲しい気がする
ギフトの最終形は世界の声を聞くことなのだと思う
聞こえ方が違うだけで全ての行き着く先は同じもの
前にNHKの番組で小説家にインタビューしてたときに
書くのは大変じゃにですか?ときかれた小説家が
何か大きなものに書かされている感じで苦になったことはない
見たいなこといってアナウンサーはポカンと口あけてましたが
多分それがギフトの行き着く先なのだと思う
black blood brothersの始祖の言葉通り
世界の波動を受信するラジオ
そうなったときその言葉には世界が宿る
もっとも力を増すとき
それがギフトなのだと思う

これ以上は違うところにいきそうなのでこの辺で終了
スポンサーサイト
記事編集

3/11~1週分全部まとめて

ハンターハンター

外へ行くために必要なもの

許可 手段 資格 契約

多分はこういうことだろう

許可とは外の世界にしてもらうこと
自分がその世界に入ってもいいとそう世界に許可してもらうこと

手段とは外の世界に行く方法
これにはいくつかある
あの夏の哲郎にはトラどらの春田を感じる
その理由はOPでのたち方、手の振り方
そういったものだと思う
そして、檸檬やいちかからはまたの別の作品を感じる
それは多分姿からなのだと思う
そして、この「別の感じる」こそが手段なのだと思う
例えば、仕草。例えば、言葉。
そんな風に、仕草、言葉、姿、生き方、声(声優)、に変化することで初めて別の世界へといけることになる
そういうことだと思う。

資格とは別の世界に登場する資格
別の世界に登場しその世界を動かす力があるかないか
その力があれば資格ありとなり世界に入ることができる

最後に契約
契約とはすなわちその世界の神との契約
その世界の神はきっとこういうのだろう
~したい
とそしてそれがジンのを魅せるだけの大望であるのなら契約成立

聖杯それが魂を集めいれる器であるとするのなら
作品とは聖杯
FateZeroという世界が作られるうえで作者は契約したのだろう
イスカンダルやギルガメッシュと。
そして二人を魅せられるだけの大望を二人にあかし
その言葉に二人は納得し
その身命を作者に委ねた
こいつにならこの命使わせてやってもいい
そう思わせるだけの大望を語れてあの作品になった
彼らは伝説からFateZeroへ召喚された
身命を捧げるに値する大望のために
彼らの言葉に力を感じるのは契約が成立しているということ
ほぼ完璧な形でFateという世界に召喚されたという証

ジンが外へと出るために必要なのはジンを知るもの
ジン以上にジンを知りジンの本質を表現できる存在

もしくはジンがその存在を食らうこと

輪廻のラグランジェ

食べることで宇宙を体に取り入れている

食べるというのは口からだけではない
目から耳から皮膚から
人間は自分に与えられる全てを食らっているのだと思う
空を見てその空を食らう
嗚咽を聞きその悲しみを食らう
血を流しその痛みを食らう
そしてそれは全て体の、自分という存在を形作る一部となる
それと同時に自分の一部がそれらへと変わったということでもある

ハンターハンターという世界を食って世界を語る
それは世界という言葉をハンターハンターという存在に食われたということでもある

檸檬は声の感じで檸檬にもなればさくらにも、なのはにもなる
それはその声の一部をすでになのはやさくらが食ったということ

食べるということはそういうことなのだと思う
食べると同時に自分の一部を食べられる
そして少しづつその境目がなくなっていく
自分の食ったもので自分という存在が形作られる
しかしそれは自分ではなく自分はその一部でしかない
自分であって自分はない
そんな異なる状態が同時に存在する

ジンがこれからすることはきっと彼の言葉と生き様を見せること
それが人を魅せられるほどのものならば
ジンを見た人はジンを食らう
そしてジンはその一部となる
そうすることで彼は外へと出られる

ハンターハンターという作品
食いたいと思えるのはパリストンとジン、コアラくらいだろうか
彼らは食いたいと思う
俺の一部になれ、一緒に来いといえるのはその三人くらい

ナルトなら三代目や六道仙人くらいか

多分全ては連れて行けないし
まだ連れて行くべきでない場合もあるのだろう

ジャンプで今食いたい思うのはそれくらい
そう思う時点ですでに彼らに食われている(食っている)のだろうが

多分すでに俺の一部になって俺の目で世界を見て
俺の耳で世界を聞き、俺の言葉の中に彼らの一部は混じっているのだろう
ブログの文字という形で彼らは外の世界に出ているのだとおもう
こんなブログ読んでいる人いないだろうけれど

先週書き忘れたが
ライジングインパクトの作者がチャンピオンで連載を開始
今週読んで
そこまでのヒントはいらないだろう。
と思った
アヴァロン、スポーツエリートですぐに世界がそう離れていないことはわかる
そして、わざわざゴルフでなく剣道
これにも意味はあるのだと思う
どこかの雑誌でやっている剣道漫画へのあてつけだろう
俺の個人的な感想として、あれは最悪だった
確か二話目にして切った
何故かあの作者はきっとそれに至ったことのない人
ギフトと呼ばれる力
結局のところ自分の内の力だが
それがどうできているのかまで突き詰めていないから
あんな形になったのだと思う
見たことのないやつが見えているやつを書こうとするからあんな風になる
適当な理論で無理やり表現しようとする
結局のところギフトってのはみんな同じものだ
ただそれの受け取り方が違うだけ
見えるものもいれば聞こえるものも感じるものも
もっと漠然に体がそれへと動くものもいる
ただそれだけのこと
だがそれだけのことも知らなければ描けない
スポーツに限ったことではなく
仕事でも生き方でも同じだ
最適の最善の最高の道筋が見えるときがある
でもそれは見えただけではだめ
そこへともう一度挑戦しないといけない
そうすることでそれがどういうものなのか
それを理解することができる
ジャンプで剣道書いてる人は多分それをしらない
理論ではない、自分だけの自分の内の理論
それが存在することを知らない人の書いた漫画で
この作品は相当多くの人間からそれを知る機会を奪うことになるであろう作品だろうなと思ったので切った
全然違う話になってしまったけど多分それに対する形でライジングインパクトの作者が描くのだろう
真のギフトの形
誰にでも備わっているもの
挑戦することで見えてくる自分だけの現実
それを描くのだろう

エアギア

風は見えない

見えるものが全てではない
見え方も人それぞれ違うもの
聞こえるものもいる
何故それを忘れてしまったのか

一秒に命をかける

そんなことはみんなしてる
誰もが一秒に命をかけている
かけるものに違いがあるだけ
仕事にかける
怠惰にかける
悲嘆にかける
情熱にかける
理想にかける
それじゃあ何も答えにはならない
この戦いは多くの連中が見ている
俺の中だけでも
賢者イブが混沌がザザがゼルマンが
コアラがジンがパリストンが
でこっぱが轟が
侑子やら百目鬼遥が
多くのもっともっと多くの連中が見ている中で
この答えはないだろう
そんなことはみんなわかっている
更なる答えをもってこい、と

とこんなところで今週分感想終わり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。