アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2012/0112345678910111213141516171819202122232425262728292012/03

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

2/19~1週分全部まとめて

エアギアとアクエリオンで「翼」いくべきか
ラグランジェとハンターハンターで「家族」でいくべきか
ばくだんでいくべきか
それともアクエリオンのみの妄想でいくか…

一応、テーマ決めて一週間分書くようにしたのですが今回のように分かれると厳しい。
というか、家族で書こうと思っていたはずなのに次のテーマが出てくると前のを忘れるのが困る。
何を書きたかったのだろうか…

多分、アクエリオンとエアギアが強すぎる
というかエアギアがテンション高すぎできてるのが問題な気もする。
おかげでラグランジェやらあの夏やらがぶっとんで…

ということで今回はアクエリオンから

アクエリオン

今回はライディーンだったということで。

人間は生まれたときは翼を持っている。
でも、生きるための嘘を着飾って飛べなくなる。


エアギア

自然体。
それは着飾った錘を捨てること。
自分の中にある「あんちゃん」と書かれた錘をすてること。
たぶんイッキの今いるところはそんなところなのだろう…。
でもそれでは空には勝てない、絶対に。
断言できるほどにわかる。
数話前に、ほかの連中が自分達が錘になっているみたいなこと言っていたが、
何を言っているのだろう。
それでは轟のレガリアを受け取る資格はない。
嵐の王を名乗る資格はない。
風は轟いて嵐になる。
風の王は他より多くの風を集める者。
それらの意味を理解できていない。
空がいるのは今イッキのいるところもっと上。
自分の風に乗る
それは人間ならば本来誰にでもできる基本中の基本。
それでは風は集められない。
本当に必要なのは、自分の中から吹くか風を制御すること。
自分の行動が他の人の中で起こした風。
それはいつか自分の内に戻ってくる。
そして自分の内で吹き荒れる。
そんな誰かの残した風を束ねて嵐にかえそれに乗らなくてはいけない。
今、自分の内から吹く風は自分の風ではない。
誰かの風を利用し飛んでいるだけ。
それを理解した上でそれらの風を自分の風にしなければいけない。
結局同じじゃないかという人もいるかもしれないけれど多分違う。
今のイッキには見えていない。
自分の内にあるはずの無限の剣ならぬ無限のATが。
無限のATにやどったライダーの想いや志が。
スピリットファイアが何故、炎のレガリアを使わなかったか。
簡単だ、使う必要なんてなかったから。
自分の技に、自分の心に、それはすでにあるから。
あこがれた誰か、勝ちたい誰か、守りたい誰か。
そんな想いの末に出来上がった自分の技。
そこにはその誰か達が宿っている。
それさえ忘れなければ炎のレガリアは必要ない。
イッキはまだそこに行き着いていない。
自分の内にあるATとライダー達に問うていない、宣言していない。
俺はこうしたいだからお前ら力を貸せ、と。
ただそういえば力を貸すはずなのに。
光だ、音だ、というけれど。
もっと早い方法はある。
自分中にいる本人達に聞けばいい。
それに多分聞かずとももう聞こえているはずだ。
「何、そんなにでかくよけてるんだ、アホ」
「私ならもっと」
「俺ならあそこで…」
と戦い見ながら野次入れているはずだ。
その声に耳を傾ければいい。
そんなことすらわからない。
それではまだ空には勝てない。
自分の翼だけで空は飛べない。
風をつかみ、それに乗らなければ。

そこではじめて空と同じところにたてる

こんな感じで今週の感想は終了。

妄想アクエリオンは
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2012/02/evol-08.html
こちらのコメントのところでつかっちゃったのでやめます。
というか
エアギア読んだら妄想どっか飛んでいっちゃってかけなくなりました。
スポンサーサイト
記事編集

2/12~1週分全部まとめて

今週はなんと言っても

マガジン エアギアから

本来なら1%の人間しか手に入らなかった力を残りの99%にもやる。
それが空の大望。
それは99%のバカに人を殺せる力をやるということ。
そしてこの世界の99%のバカは
「誰がそんなこと頼んだ」
「救世主→ハイパー疫病神」
と空を罵る結果に。
何故、1%しか力を手に入れることができないのか。
何故、1%は力を手に入れることができたのか。
答えは、1%には力を手に入れるだけの用意があったから。
チャンスはいくらでもある。
でも99%はチャンスを逃したことにすら気づかない。
しかし1%は気づく。
そして、あの時こうしていれば、ああしていれば
と後悔?が積み重なる。
欲しかった力への想いが積み重なり
時間がたつほどにその力は形が明確になっていく。
だからこそチャンスを逃さない。
その真に欲しい力が目の前に現れたなら躊躇なく手にできる。
その力でしたいことも、その力で起こることも、その結果も。
すべて考えつくした後だから。
今回のは空が考えつくした結果。
バグラムを手に入れたときから考えた。
空のレガリアを手に入れたらどうしたいか。
浴びせられるであろう罵声。
そして…
すべては空の手のひらの上。
空は言いたかったのだろう
目の前に力が現れて、
したいことが何にも浮かばない
不安を先に想像する
そんな程度にしか生きてこなかったなら滅べばいい
と。
でも滅ばないことも知っている。
人を殺すために使うやつがでたとしても、それはそいつがそいつの今を変えるために考えた結果だから。


輪廻のラグランジェ

輪廻が開いた、と大笑いモイド。
きっとこの人も待ち望んでいたのでしょう、チャンスを。
モイドは感じていたのかもしれない。
偶然ではない何かを。
でも、確信は持てなかった。
しかし、今回の一件で確信した。
これは運命だ、偶然ではないと。
あの大笑いを理解できるのは同じ経験をした人間だけでしょう。
例えば、黒ひげ。
彼も大笑いしたはずです。
何十年待ち続けたチャンスが転がり込んできた時に。
人は運命を感じたときに大笑いするしかなくなる。
エアギアで空をネットではやし立ててた連中はまだまだなんです。
彼の宣言を聞き、大笑いしながら来たんだ、時代が動くときが。
と大笑いしながら、チャンスを伺うそうでなければチャンスはものにできない。

ジャンプ

特にこれといって書くものなし。
あえて言うなら、ブリーチ最終章(表紙)
でしょうか。
今から6月までで大体20話。
ぎりぎりラストを持ってこれるかなというところでしょうか。
まさか60話とか一年かかるようなことはしないでしょう。
ここに最終と宣言した以上。
できれば、先週に宣言して欲しかったですが。
ナルトとハンターハンターの気合の入ってる時にあわせて来て欲しかった。
そこを考えるとまだ迷いがあるのかなと思ってみたり。
書きたいこと終わったら落ちたハンターハンターをちょっと見習って欲しいかなと。
チャンスを生かすのはそいつ次第。
アバター見てそんな感じにまとめてみました。


雑記

ハンターハンター

ジンが会長かなと思った今週。
パリストンは会長とジンがお膳立てしたことに対して顔をたてただけかなと。
二人がそうまでいうならやりますよ。
でも、会長、会長が望んでいるのはそうじゃないでしょう?
と辞退しチードルに投げた。
チードルがパリストンの信頼に応えられるならこういうでしょう。
「この育児放棄野郎をゴン君が帰ってくるまで会長職にしばりつけて置くべきだと思う人はジンに一票を」
と。
その流れに罠にかかったのは自分だと気づき大笑いするしかないジン。
そしてそれをそれはそれは嬉しそうな意地悪な笑みで見ているネテロ。
っておちかな、と。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。