アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳
管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

くもりガラス マリア様がみてる 4thシーズン 第8話 「くもりガラスの向こう側」 感想

くもりガラス
いい例えだと思う

ガラスつまりはぶち割れると。

何が
そちら側からも拭いて
なのだか…

ガラスなのだろう?それは。
とらドラOPの壁ではなくガラス。
防弾ガラスとかなら話は別だが
多分そんなこともないだろう
そんなに向こう側がみたいのなら
ぶち割ればいいのだ
手でやったら怪我するだろうが
それならそれで椅子だろうが何だろうが使えばいい
そのあとはガムテープででもふさいでおけばいいのだ
どっかのビリビリお嬢様は自販機相手に何をした
それ(回し蹴り)に比べればガラスの一枚や二枚割るぐらいどうってことないだろう。

それに多分被害でいうなら
瞳子の方が酷いだろう
ガラスの破片で傷だらけ…

それでも
本当にそっち行きたいのなら
そうすればいい
ガラスや自分、
相手の傷など考えずに。
それは手当すりゃいいし
あやまりゃいい
許してもらえなかったら…
許してもらえるまで謝ればいい
その位、図々しく(?)ていいのだと思う

どっかのバカは
クマサンタになり不法侵入かまそうとした挙句落ちそうになって
近所迷惑かえりみず窓をバンバンぶっ叩いて
大河(助け)を呼んだではないか

自分勝手で図々しく
それでいい
どうせ、それをどう受け止めるかは相手次第なのだから
気にせず、ぶち割ればいい。
相手がどれだけ大怪我しようと。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
他の方のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最後になりましたが一票頂きました方ありがとうございました。
スポンサーサイト
記事編集

お姉様と呼んでもらう資格 マリア様がみてる 4thシーズン 第8話 「くもりガラスの向こう側」 感想

それは誰がくれるもの(資格)なのだろう
瞳子ではないのだろうか

宝くじも買わなきゃ当たらない
試験も受けなきゃ受からない

似たような話に
機動戦艦ナデシコ 小説 AからBへの物語
のアキトの話がある。

プロポーズしようと考えたアキト。
だが、どうしても覚悟が決まらない。
その理由は、
基地をぶっ壊した際の莫大な借金(返せる額まで交渉済み)
を屋台引き引き返してる自分にその資格はあるのか。
そして、元ナデシコのメカニックでクルー唯一の妻帯者ウリバタケ・セイヤに
屋台のメンテついでに話を聞に行く。
決心できた理由について。
答えは、
悩んだけれど悩むのやめた、それで言った
みたいなことを言い、それにアキトは「無責任じゃ?」とかいうと
「お前の惚れた女の眼は節穴か。
幸せになれると思うなら受けるだろうし、
幸せになれないと思うならことわるだろうよ。」
といった。

多分、シチュエーションは違えど、根っこは変わらないだろう。
相手のいる話で
自分に資格が…?
とか考えていても始まらない。
その答えは相手にしか出せないのだから
相手にぶつけてみるしかない。
一度失敗して自信喪失もわかるが
それでもぶつけてみないことには始まらない。

自分に何ができるのか
どうすればいいのか
確かにそれを考えている内は確かに何かしている気になるだろう
でも、実際には何もしていない
何一つ進展することもないのに
やった気になっているだけの自己満足。


それに気づくのはいつになるのだろう?


最後まで読んで頂きありがとうございます。
他の方のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最後になりましたが一票頂きました方ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。