アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

言いたかったのは、待つ辛さ。なのかな キャシャーン sins 17話 「ガラスのゆりかご」 感想

言いたかったのは、待つ辛さ。なのかな
それとも待つ強さか?

誓いを胸に五十年暗い海を彷徨ったブルックや
五十年待ち続けるラブーンのように。

来るかも分からない誰かを待ち続ける

レダの永遠への執着はその辛さから逃げた結果ではないのだろうか?

誓いや夢を捨てられたなら
そう器用に生きられたなら
きっと楽なのだろう

けど、その不器用さは嫌いじゃないな~と思いつつ

キャシャーンは本当に殺戮兵器だったのだろうか、と思う。

デュオキャシャーンに憧れ?嫉妬?を持ち
レダは母親になる夢を見ていた
じゃあ、キャシャーンは?
キャシャーンに心はなかったのだろうか。

キャシャーンは誰よりも強く、先を行き多くを殺した。
Fateのセイバーや士朗ではなかったのだろうか。
異常な自己献身、誰よりも前に立つことで
軍団、デュオレダを守っていたのではないだろうか。
それが必要のない贖罪の旅へとつながっているのではないだろうか。
そんな不器用なキャシャーンだったらいいのにな。

最期に、
ルナのナノ細胞。
これはきっと在ってはいけないものなのではないだろうか。
ブライキングボスはキャシャーン達を作り出した。
それは、永遠という幻の否定だ。
レダは次へと託すことが出来ないのならと永遠を望んだ。
永遠という幻はロボットを、世界を滅びへといざなう。
永遠があるのなら次などいらない、歩みを止めてしまう。
神になろうとしたのではなく、人になりたかったのではないだろうか。
どんなに長くとも永遠ではない、幻を見るのではなく
次へと託すことを望んだのではないだろうか。

そして、ルナのナノ細胞もまた永遠ではないのだろう。
ラストで海岸に並んだ無数の墓石?
は子供たちのものではないのだろうか。
自分の持つナノ細胞を他の子に渡しながら
最後に残ったのはあの三人だったのではないだろうか。
補修材のようなもので使えばなくなり
増殖速度が補修に追いつかないナノ細胞。
人を愛せ。
争うことがなければ、永遠。そういう意味ではないだろうか。
子供でいることが辛いくらい。
これは、待つことが、信じ続けることが辛くなるくらいということだろう。
それでも、誰かに託すことを望んだ人が
永遠を望むだろうか。

個人的には、
今のルナブライキングボスと同じ従来のロボットのルナで中にナノ細胞(補修材)詰めてあるだけ
自分の命(補修材)を削りながら他のロボットを助けている
そして、キャシャーンを待ち続ける。永遠がないことを伝えるために。
たとえ、「ルナはいないのかも」と思われ、いつ来るかもわからない相手だとしても…。
って展開が好みかも。

今回のホーター達と同じ。
待つ辛さと待ち続ける強さ。
みたいな感じで。

そしていつかレダにも
来るかもわからない未来を(信じて)待つ強さ、創っていく強さ。
を持ってほしいなと思う。
俺にはそんなのないけど…。

個人的な妄想版はカテゴリ「妄想」にて


最後まで読んで頂きありがとうございます。
他のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。