アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

「好き」「欲しい」「必要」 とらドラ! 第19話 「聖夜祭」 感想

『好き』にも色々ある。
竜二を「好き」になった実乃梨。
竜二に自分の方に向いて「欲しい」亜美。
竜二が「必要」だった大河。

きっと、その少しの差が罪悪感を生むのだろう。

竜二が「好き」。でも、それは竜二が「必要」な大河から取り上げられるほどの「好き」なのか。
竜二が「必要」。でも、それは竜二と親友を邪魔することのできるほどの「必要」なのか。

親友の好きな人を奪う罪悪感。
という人もいるが、今回は少し違うと思う。
今回のは、
他の人にとって必要な何かを奪う迷い。
だと思う。

ダ・カーポやイリヤの空と同じものだ。
呪いは解きたい。でもそれは他の人の願いを犠牲にしていい願いなのか。
弟君は助けたい。でも、島の人の安全は…。
イリヤが好きだ。最終決戦には行かせたくない。でも、人類は滅ぶ。

誰かを犠牲にする時の迷い。
こんなもの迷ったところで答えなんかでない。
覚悟(理由、折り合い)を決める(つける)しかない。

でも、どちらの覚悟であろうと
ここで覚悟を求めるのは違うと感じてしまう。
実乃梨をみているとそう思ってしまう。
まあ、俺がただ甘いだけだからなんだろうけど。

(本当に)優しい人なら何ていうのだろう。どう見るのだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
他の方のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ。
一票頂けると非常に励みになります。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


とらドラ関連の記事》
第19話 「聖夜祭」
 なりきりパパとなりきりいい子の卒園式

第18話 「もみの木の下で」
 おままごと
 自分のことが一番わかんないだよね…



《今後の予定》

とある魔術の禁書目録

「言葉(仮)」

汚い言葉、裏腹な行動。
人とつながることの難しさ。
で一本いこうかと。

「存在(仮)」

ミサカと蒼穹のファフナー(フェストゥム)を絡めて。

キャシャーン妄想版

「フレンダ(仮)」

滅びの真実」の別ヴァージョン。
EDにフレンダではなくリーザが出ているので(大して出てもないのに)
フレンダ=リーザもありかなと思い中。
色も「黒」であうし。
それに、キャシャーンと戦えるだけの思考(制御?)回路って…
普通のものではないでしょう。
戦闘用回路があるかは不明だけど、もしかしたらそれは。
って話を。

最後となりましたが一票頂きました方ありがとうございました。
スポンサーサイト
記事編集

なりきりパパとなりきりいい子の卒園式 とらドラ! 第19話 「聖夜祭」 感想

きっと竜二が実乃梨を好きでなければ
卒園も違う形になったのだろう。

初めからそういう好きだったわけじゃない。
いつの間にかそういう好きになっていた。

「あいつら、いったいいつこんな練習を」
クリスマスパーティで大河と亜美の歌を聞いた時の竜二の言葉。

そう、全て見ているわけじゃない。
見ていないところで気づかぬうちに変わっていく。
その人自身も想いの色も。

これは不幸なのだろうか。
この関係は不自然だったのか。

きっと、それは数年後の大河の出す結論だろう。

でも、俺は、これは幸せだったと思う。

人生ってのは全部本番で全部練習。
だから、人に迷惑掛けようが何しようがかまわねぇ。
どうせ、お前の迷惑なんて俺のしてきたことに比べりゃたいしたことねぇ。
とかいった人がいた。
(多分何かのパクリだろう、いくらなんでも中三でこんなセリフが出てきたはずねぇ)
明日のよいちの記事で使ったのはこの人の言葉のパクリですが…。

本番という意味では、失敗には終わったかも知れない。
でも、練習としてはどうだろう。

亜美や実乃梨、大河、竜二がいつか
この関係、この経験を幸せだった。
と言える、そんな風になってほしい。
今後次第だが…。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
他の方のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ。
一票頂けると非常に励みになります。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



今週の感想はこの辺で。
先週、「おままごと」関連を書いてしまい
題材が出てこなくてこんな感じなってしましました。
いつもながらまとまりのない文章ですみません。
そして、そんな文を読んで頂きありがとうございます。

その題材考えてる際にふと思ったのですが、
みなさんは昔、だれと「おままごと」しましたか?
おままごと関係で題材探して過去を遡るうちに何となく
淡いというよりは無色に近い感情、
大河や亜美の感情を1万倍ぐらいに薄めた感情。
があった様な気がしたので
「おままごと」にはそういう意味もあったのかな?
とか思ったのですが、
みなさんはどう思います?


ちなみに、
若頭(跡目)スーツ装着の竜二と亜美は、
何だか、007?とかあーいうのに出てきそうなマフィア(?)と…な感じに見えました…。
(飾りと配膳装備が邪魔ではありますが…)
俺だけかもしれませんが…

亜美は言うまでもないが、
摩耶の足も…
そして何故だろう、不動産講座でノート取ってるときの
ゆりちゃんのスーツ姿が微妙にエロかった…。
どうしたのだろう…スーツは別にどうでもよかったはずなんだが…

そして、
大河が泣きながら呼んだ「竜二」は
いつもと感じの違う、そういう好きを含んだ「竜二」に聞こえました。



とらドラ関連の記事》
第19話 「聖夜祭」
 「好き」「欲しい」「必要」

第18話 「もみの木の下で」
 おままごと
 自分のことが一番わかんないだよね…


最後になりましたが一票頂きました方ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。