アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

ブライキングボス キャシャーン sins 24話 「巡り咲く花へ」 感想

ブライキングボスについて
美化しすぎ?
な妄想が入っておりますのでご注意を。

「俺の落とし前はついた事にさせてくれ」

世界に対してでもあり
何よりキャシャーンに対しての言葉だったのだと思う

ここで死ぬことを、この位の答えしか出せなかったことを許してくれ
という

ここからは妄想だが
ブライキングボスがキャシャーン、デュオ、レダの三人に望んだのは
こんな世界ではなかったのではないかと思う
キャシャーンとの決闘でもなければ、ロボットの軍団でも、
まして、死を忘れたものたちの死になるなんてことなんかではなく
もっと穏やかな、レダの夢見た風景、キャシャーンがリューズ達と共に生きた景色
そういうものを三人に夢見ていたのではないだろうか
けれど、三人は失敗に終わった…
子孫を残せないから、ではなく、強すぎた
ブライキングボスは強さは望んでいなかった
その強さは他のロボットとの共存の邪魔になる
もしくは、要らぬ荷物を背負う羽目になる、自分のように
それか、その強さで歪んでいく
けれど、失敗だからといって作り直すことはできない
だから、三人を軍団に入れた
産み出したものの責任として
夢を見せ、そして奪った責任として
せめてもの生まれた意味、生きていくための居場所を与えた
それが結果としてそれまでの軍団ナンバー1から不興をかうとしても。

そして、自分の最期が近づいて
デュオやレダよりは長生きできた
見届けることはできた
だが、キャシャーンは無理だ
何かを決めたようだが
それが何か、一人で歩いていけるのかまでは見届けられない
だからこその

「俺の落とし前はついた事にさせてくれ」

キャシャーンが一人で歩いていけるところまで見届けた
もう何かをきめたのだと、そう生きて歩いていくのだと
そういうことにさせてくれ

「ルナだけは殺せ」

キャシャーンがルナに対してどういう行動に出るか分からないから
これは俺の意思だ、お前の背負うことじゃない
という意味のこれからの傷にしないために逃げ道を残したかったではないだろうか
一度は背負わせてしまったから、今度こそいらぬもの背負わずにすむように。

そして、これはキャシャーン達だけでなく、この世界の人間、ロボット全てに向けられ
その全てを背負っていたのだろう
凄まじい重みに耐えながら答えを求めながら長い長い人生を生き、
そしてキャシャーンがその重みから解放した
のか、それとも…
無念の中、世界とキャシャーンを心配しながら死んでいったのか

前者であったことを祈ります
最期ぐらい何も気にせず自分に優しく逝けたのだと。


美化しすぎかな…

クラナドでは最後まで信じることができなかったので
このアニメは信じてみようかと…


最後まで読んで頂きありがとうございます。
他の方のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最後になりましたが一票頂きました方ありがとうございました。
スポンサーサイト
記事編集

言いたかったのは、「全くいい人生だった(Drヒルルク)」なのかな キャシャーン sins 19話 「心に棲む花を信じて」 感想

リンゴが話すヒュドラのお話。

「頭が九つあって
八つまでは倒せるんだけど
真ん中の一つだけは死なないんだって
それにね、どの首を切り落としても新しい首が生えてくるの
だから、どんどん強くなるんだって」

この話(キャシャーン)にたとえるなら
真ん中の首は「生きたい」と思う意思(希望)
なのかなと思う
(ヒュドラとは変わってしまうけれど)
実体がないから死なないし倒せない
そして、八つの首はブライキングボスやルナ、キャシャーン
例え、どの首が落ちても
デュオがいる、リンゴがいる
次の首は必ずまた生えてくる。
希望(ヒュドラ)は死なない。

これはある意味、幸せなことかもしれない。
たとえ滅びの中にあったとしても…。

託せる誰かがいて
そんな相手に会えたのなら
きっと、Drヒルルク(ワンピース)と同じように
「全くいい人生だった」
といえるのだろう。

代わりがいないといわれることと
代わりがいること
どちらの方がいいのだろう

代わりがいない
言われたきっと嬉しいだろう
でも
代わりがいると思えるから出来る無茶もある

答えを出すのはきっともっと先になるのだろう
そんなこと言っておいて
その前にころっと死んじゃったらアレだけど…



ちなみに
前回、リューズにボロクソ言いましたが
リューズはようやくブライキングボス達のいる世界に足を踏み入れたのでしょう。
そして、キャシャーンは
ブライキングボスとは違う形だが多分同じ結論を出した。
苦しみの中でも生きる。と。
今回はブライキングボスとデュオの回を見ているようだった。
ブライキングボスも思っているのだろうか。
もう終わらせてくれ。と。
多分何度も思っただろう
でも、倒れない。
そういう生き物なのだ、ブライキングボスもキャシャーンも。
比古や剣心、ヒルルクと同じ。
たとえどんな目にあったとしてもそうすることを止められない人。
多分、人もロボットもヒュドラなのだろう。
たとえ、どれほど首を落とされても死ねない可哀想(?)な生き物。

次回予告
妄想は完全の大ハズレ
(当たるわけなんかないんだけど…)

追い求めたものを手にしたとき
それは儚い幻となって消えていく
「たがために花は咲く」

どの道、希望は無いようなので当たり?ともおもいますが
希望がなくなり、それでキャシャーンはどうするのか
見物です。
ブライキングボス同様、
希望がなく、苦しみだけでも立ち続けることにはしたようですが、
それでも、本当に立ち続けることができるか。
ブライキングボスのように。

二本書こうと思ってたのを
メモなくして一本にしてしまったので
とてつもなく読みにくい文章ですみません。


他の方のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ。
一票頂けると非常に励みになります。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


今後の展開への希望
キャシャーンの傷の治りが遅くなっているのが気になったので(レダ辺りから?)
個人的には、
前のキャシャーンが自ら記憶を消した
とかを希望します。
「滅びの恐怖に負け、リューズ達のように心が折れてしまわないように
自分が死ぬ事(限界があること)を忘れた。
この世界に落とし前をつける(守り続ける)ために。」
そんな感じに。
そして、ブライキングボスの
「死なねぇのは、お前位さ」
は聞こえのいい理由をつけて滅びから逃げたバカへの皮肉だった。
とか。

リリカルなのはのリインフォースは
いずれ暴走する自分が迷惑をかける前にと自らその長い生涯に終りを告げた。
状況は違うが、
滅びへの恐怖から
キャシャーンは自ら命を絶ち(記憶を消し)
ブライキングボスは
未だに滅びの中を生き続けている

来ないかも知れないことに怯え立ち続けることを諦める(命を絶つ)か
怯えながらも立ち続ける(生き続ける)か

そんな感じにしてほしい。


今後の予定
キャシャーンsins 妄想版 「滅びの真実」
とらドラ 19話 感想
レイフォンとアキカンは手帳無くして何書こうとしてたかわけわかんなくなっちゃったんで
書くか未定です。
前回、マリア様の記事を書いてていきなりキャシャーン出してもついて来れる人少ないかな
と思ったのでカテゴリとして「名場面(仮)」を作ろうかと思ってます。
内容としては、感想を省いた純粋にセリフのみ(場面)の記事にする予定です。

最後になりましたが、一票入れてくださった方ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。