アニメと漫画とFXとその他いろいろの雑記帳

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

管理者ページ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

ブライキングボス キャシャーン sins 24話 「巡り咲く花へ」 感想

ブライキングボスについて
美化しすぎ?
な妄想が入っておりますのでご注意を。

「俺の落とし前はついた事にさせてくれ」

世界に対してでもあり
何よりキャシャーンに対しての言葉だったのだと思う

ここで死ぬことを、この位の答えしか出せなかったことを許してくれ
という

ここからは妄想だが
ブライキングボスがキャシャーン、デュオ、レダの三人に望んだのは
こんな世界ではなかったのではないかと思う
キャシャーンとの決闘でもなければ、ロボットの軍団でも、
まして、死を忘れたものたちの死になるなんてことなんかではなく
もっと穏やかな、レダの夢見た風景、キャシャーンがリューズ達と共に生きた景色
そういうものを三人に夢見ていたのではないだろうか
けれど、三人は失敗に終わった…
子孫を残せないから、ではなく、強すぎた
ブライキングボスは強さは望んでいなかった
その強さは他のロボットとの共存の邪魔になる
もしくは、要らぬ荷物を背負う羽目になる、自分のように
それか、その強さで歪んでいく
けれど、失敗だからといって作り直すことはできない
だから、三人を軍団に入れた
産み出したものの責任として
夢を見せ、そして奪った責任として
せめてもの生まれた意味、生きていくための居場所を与えた
それが結果としてそれまでの軍団ナンバー1から不興をかうとしても。

そして、自分の最期が近づいて
デュオやレダよりは長生きできた
見届けることはできた
だが、キャシャーンは無理だ
何かを決めたようだが
それが何か、一人で歩いていけるのかまでは見届けられない
だからこその

「俺の落とし前はついた事にさせてくれ」

キャシャーンが一人で歩いていけるところまで見届けた
もう何かをきめたのだと、そう生きて歩いていくのだと
そういうことにさせてくれ

「ルナだけは殺せ」

キャシャーンがルナに対してどういう行動に出るか分からないから
これは俺の意思だ、お前の背負うことじゃない
という意味のこれからの傷にしないために逃げ道を残したかったではないだろうか
一度は背負わせてしまったから、今度こそいらぬもの背負わずにすむように。

そして、これはキャシャーン達だけでなく、この世界の人間、ロボット全てに向けられ
その全てを背負っていたのだろう
凄まじい重みに耐えながら答えを求めながら長い長い人生を生き、
そしてキャシャーンがその重みから解放した
のか、それとも…
無念の中、世界とキャシャーンを心配しながら死んでいったのか

前者であったことを祈ります
最期ぐらい何も気にせず自分に優しく逝けたのだと。


美化しすぎかな…

クラナドでは最後まで信じることができなかったので
このアニメは信じてみようかと…


最後まで読んで頂きありがとうございます。
他の方のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最後になりましたが一票頂きました方ありがとうございました。
スポンサーサイト
記事編集

言いたかったのは、「自分には厳しく、人には優しく。」なのかな キャシャーン sins 20話 「誰がために花は咲く」 感想

今回の話、他の人はどんな風に思うかは知らないが、
ルナもドゥーンもブライキングボスも優しすぎるのだと
俺には、そんな風に思えた。

ルナを狙ってきた夜盗と戦い傷ついたドゥーン。
死ぬ前に、ドゥーンがルナに差し出した(枯れた)花。
きっと、ドゥーンはこう言いたかったのだろう。
「自分たちのことはもういいから、好きに生きてくれ。」
と。
元来のルナは、
冒頭のように枯れた花をそのままにしておけない、
そんな性格なのだろう。
でも、それではロボット達を癒すことが出来ない。
何故なら、自分の与える癒しには限界があるから。
だから、
滅びは見たくない。
と枯れ始めた花達を枯れていないものも含めて全て埋めさせたのだろう。
まだ、動けるロボットでも損傷のひどいものは墓場行きにするのもそのため。
見てしまえば、救い(癒して)あげたくなる。
手を貸したくなる。
けど、それではルナに癒してもらうために長蛇の列を作るロボット達は?
だから、見ないようにする。滅んでいくものたちを。
目の前のまだ癒すことのできる人に集中するために。
自分を殺して…。

そんなルナだからドゥーンは花を渡そうとしたのではないか。
「もういい。」
という意味で。

花を渡そうとしたドゥーンにルナは
「嫌いよ、死の香りのするものは。」
そういった。
キャシャーンやリューズはそれに対し怒りを覚えたようだが、
これはルナなりの「もういい。」なのではないかと思う。
自分は苦しんではいない。
自分のことなど気にしなくていいから、どうか安らかに。
という意味だったのではないかと思う。
「信じる力のために」でのブライキングボスの「来るがよい。」と同じ。
思いやりからの言葉。

ドゥーンは言った。
「されど俺はただの花でいい。
ただ咲き、ただ散りゆく。
それでいい。」
自分はただ生き、ただ滅んでいく。
それをルナが気に病む必要などない。
だから、好きに生きてくれ。
そういう意味だったのだろう。

ドゥーンもルナも、ブライキングボスもみな同じ。
自分には厳しいが他人にそれは望まない。
他の人が苦しむ顔も悲しむ顔も見たくはない。
苦しむのは自分一人でいい。
そういう人。

ブライキングボスは基地跡に部下たちの墓を造り続けた。
死んでいったものたちを忘れぬために。
けれど、それをキャシャーンに背負わせようとは思っていなかっただろう。
それが、「背負っちまった」という言葉に込められたものだと思う。
誰も背負う必要なんかない。
そう思いながら、自分はきっちり背負ってしまっている。

そんな人はどうすれば救われるのだろう?

キャシャーンはいった。
これが皆が望むルナなのか。と。
そして失望し怒りを抱いた。
勝手に期待し失望し、
それが今までどれほどルナを苦しめたのだろう

学んだのではなかったのだろうか?
皆同じように苦しんでいるのだ、と。
それはルナだって同じ。
完璧なものなど存在しないのだから…。

次回、
たどり着いた場所に真実はなく
ただ、希望という名の虚像のみがある。

虚像と分かってそれでキャシャーンはどうするのだろう?
ルナに失望し、傷つけそれで終わりだろうか?
キャシャーンの存在はルナの癒しになれるのかな?

多分、強くなるしかないのだろう。
背負っていけると言えるように。
心配(?)させずに済むように。
例え、自分がそうすることを望まない相手だとしても…。

そして、俺は自分に厳しく生きれているのだろうか。
多分、いないだろうな…
とらドラのキャラ達の選択をしかたないと思ってしまう。
これはきっと、
自分が昔しかたないと思ってしまったことを
それでいいのだ思いたいだけなのだから…
きっとまだまだ甘ちゃんなのだろう…



最後まで読んで頂きありがとうございます。
他の方のアニメ感想ブログをお探しの方はこちらへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最後になりましたが一票頂きました方ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。